天然のバイアグラ@マカのパワーで立ち続ける

マカは自然のバイアグラ

マカ,天然のバイアグ

自然な形で人間の機能に驚異的な活力を与え、インポ、不妊症を治す、ペルーの伝承強精薬マカ。この別名アンデス人参とも呼ばれるマカの成分はどのようなもので、具体的にはどんな薬効が認められているのでしょうか?

 

マカの科学的成分と特性につては、これまでにも精力増強によいと言われる強壮食や薬品・健康食品はいくつかありました。しかし、マカはそれらとは完全に一線を画すものだったのです。

 

最大の特徴は「あくまでも自然な形で性機能を増強させる」ということです。つまり男性なら「ED・勃起不全が治る」女性なら「不妊症・更年期障害が治る」というわけです。

 

例えば、マカには「ストレス性インポテンツ(勃起不全)」に効果のある「アルカロイド」が大量に含まれているのです。

 

また、卵子や精子の増量を促す男性ホルモンに関係のある、「ステロイド」、陰茎動脈の血流を活発にする「デキストリン」なども含まれています。その内容を見ると、化学薬品であるバイアグラを思わせるのです。

 

これらの成分により、男性のED・勃起不全が自然に改善されるのです。

 

しかもバイアグラが化学薬品で、副作用が怖かったのに対し、マカはバイアグラと同じような効果を持ちながら、天然の植物なのです。つまりは、副作用フリーです。

 

まさにペルー産の天然のバイアグラと言ってもいいようなもので、自然な形で性機能に活力を与える「伝承強精剤」で、しかもその効果は驚異的なのです。

 

勃起不全、精力の衰えに悩む現代の男性たちにとって、また不妊症・更年期障害にお困りの女性にとっても、マカは福音と呼べるものなのです。

 

大統領も絶賛のマカ

 

マカ,天然のバイアグ

フジモリ大統領も絶賛したマカ、世界中から注目されるペルー国有農作物の一つとして推奨。1998年のAPEC(アジア太平洋協力会議)に出席するために、日本に立ち寄ったペルーのフジモリ大統領も、マカを手にして大木にキャンペーンやPRに努めました。

 

ペルーの国際農科大学の学長も務めたことがあるフジモリ大統領は、東京農大で記念講演をした際に次のように述べています。

 

「昔、インカの兵士多胎はマカというものを食料として支給されていました。これは滋養に富んで薬効もあるアンデス山の植物で、神経組織を活性化せるジンク(亜鉛)を多く含んでいます。もっともそれは訓練期間中のことで、長期にわたる塩性の時は、彼らにはマシュアというアンデス産の植物が支給されました。

 

これには性欲を抑制する効果があり、侵略値での無駄な略奪を防ぐ目的があったからです。長期遠征にはふつうは奥さん同伴と言うのがインカ帝国のやり方でした。」

 

インカでは非常によくマカの特性を理解し、紳士的な戦争のために、マカを活用していたようです。その意味では、無差別に略奪を許したスペインの方がはるかに野蛮だったのです。

 

ペルーには優れた植物が数多く存在します。フジモリ大統領はその後の記者会見でも、アンデスやアマゾンの優れた植物をいくつか疲労してくれました。

 

キャッツクロ−、キヌア、カムカムなどがその中にありました。ペルー政府としては、ジャングルの奥地で密栽培されている麻薬の原料であるコカに変わる農作物にしようという期待があるようです。

 

中でもキャッツクロ−は、ガンやリウマチなどの病気に効くということで、マスコミ等でも大きな話題になっています。

 

この素晴らしいキャッツクロ−やマカなどを世界に輸出することが、世界中の健康上のことで悩む人々の助けとなり、またアンデス地帯にすむ人々も経済的に豊かになるというのが、大統領の願いであるようです。

 

日本のマスコミにも大きく取り上げられたこともあり、マカは大きな注目を浴び、輸入が増えています。マカは産地によって成分が変わり、また、中には粗悪品とさえいえるものまであります。